<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

信頼関係。

0
    IMG_2028.jpg
    様々なワン達に出会います。出会えて幸せです。
    犬種別の性格、飼育環境により、犬格は形成されます。
    でも、何よりも大事なのは、お互いの信頼関係だと思います。
    ワン達はとても賢い。敏感に飼い主さんのことをいつも見ているから。何でも敏感に察知できる能力が彼らにはあるのです。
    飼い主さんが、良いレールをひいてあげる。愛情持って育てる。信用する。
    それが伝わり成果でます。
    やはり、ハンドラーとの信頼関係がいちばん大事だと思います。
    そこから全て始まる。
    今、色んな文献出ているから、頭では理解出来ているけれど、シンプルに正直な
    気持ちて接してみよう。
    ワン達はきっと応えてくれますよ〜
    ドアップのメイの写真アップしました。
    杉田 綾 * しつけ * 22:34 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    療養中。(しつけのお話)

    0
      パピーパーティー、トレーニング時にも、自分が何度も何度も話すのが、ワン達にとても大事な「社会化」の事です。
      ワン達の将来に関わる社会化。
      トレーニング前にまずは社会化です。

      社会化とは?
      犬達が人間社会で共存して生きていく勉強。
      勉強とはいえ、「体験」です。
      犬は、体験したことのみ学びます。
      この社会化は、パピーの頃はもちろんのこと、犬生ずっと関わっていくのです。

      社会化のポイント。
      「環境」慣れ。音や物体。
      「犬」慣れ。
      「人」慣れ。
      飼い主さんは、上記はよく耳にするし、頭では理解されていると思います。
      でも、実際に愛犬に出来て
      ていますか〜?

      ここは、飼い主さんのライフスタイルと深〜く関係しています。

      「環境」慣れの基本はお散歩です。お散歩の他にも積極的に色んな場所に出かけて、たくさんの体験を犬達にさせる。
      ここでも、インドアの飼い主さんの努力は必要、出来なければお散歩でフォロー。

      「犬」慣れ。
      お散歩で十分ですが、飼い主さんがご自身の愛犬の他の犬達を好きになる〓仲良しの友達たくさん作ろう。犬と遊ぶことが大好きになる為に。
      それには、飼い主さんの姿勢が大事なんです。

      「人慣れ」
      飼い主さん、犬ともにコミュニケーション上手になりましょう。
      たくさんの人達に、ご自身の愛犬を可愛がってもらいましょう。
      人好きに犬になる為に。

      愛犬は、飼い主さんの姿を写しだす鏡。
      よく、○○ちゃんて飼い主さんに似てるよね〜との話よく聞きます。
      その通り。

      ワン達が尊敬できるような飼い主さんを目指したいですね。

      杉田 綾 * しつけ * 14:22 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      療養中(しつけのお話。)

      0
         ドッグトレーナーとしての依頼がある時は、成犬となり問題行動に悩む飼い主さんが大半です。
        悩みとしては、主に「吠え癖」「咬み癖」「排泄」が多いですね。
        この問題は、社会化不足が主な原因です。

        成犬になってからの、悪い習慣は、犬の脳にその行動の回路がしっかり出来あがっているので修正には、飼い主さんの根気と時間が必要となります。
        良くない回路と並行して、新たな好ましい回路を作り、その回路を強化して習慣にしていく方法です。

        子犬教育を徹底させる事の意味は、子犬の頃にそのような悪い回路を作らず、正しい回路のみを引き、習慣とする事です。
        難しい表現になってしまいましたが、シンプルに言えば、「良いこと」を教えていきます。
        それを毎日繰り返す事が、将来引き起こりえる問題行動の予防となります。

        次からは、もっとシンプルにわかりやすくお伝えしますね。

        杉田 綾 * しつけ * 14:53 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        療養中。(しつけのお話)

        0
          自分の周りで、実際に耳にする話です。
          ワン達は、一歳に近づくにつれて問題行動が出てきます。

          一例を上げると吠え癖。吠えるので散歩に出掛けるのが負担となり人、犬の居ない時間に散歩に行く。さらにお預けの訓練所に数ヶ月出し戻ってきても直らず、飼い主さんと愛犬の溝は深まり、負担は重くなるばかりで飼いきれず手放す決断を。
          でもその状態のままでは里親さんはなかなか見つけるのは至難の業です。
          このような結末は、せっかく犬を飼ったのに悲し過ぎます。

          犬に出会い、飼う事になりましたら、幸せな犬生を送ってほしいですし、飼い主さんにも犬を飼って良かったと絶対に思って頂きたいのが私の願いでもあり、これまで活動してきました。
          犬を飼い始めた時から、飼い主さんが犬格、習性を勉強して、犬達を正しい方向に導いていく必要があるのです。

          その初期の段階のパピートレーニングから始まります。
          犬が学ぶのはもちろん、でも一番勉強しなければいけないのは飼い主さんです。
          これから犬を飼う方、飼い始めた方にはその事を十分に理解して頂きたいと思っています。

          今月25日のパピーパーティーでもお伝えしますが、私が怪我が完治するまで、写真を載せることは難しいですので、毎日少しずつしつけのお話を載せる予定でいます。


          杉田 綾 * しつけ * 11:49 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
          このページの先頭へ